【沿革】

年月 沿 革
昭和 9年11月
個人鋳物業「小笠原鋳造所」を創業
代表者  小笠原 潮
39年 4月
現在地にて「小笠原鋳造株式会社」を設立
代表取締役 小笠原 潮 就任
資本金 200万円
44年 4月
鉄骨一部2階建 第一工場建設
<新設設備>
2tキューポラ 1基
天井走行クレーン3t 2基
48年 2月
資本金 500万円に増資
  4月
鉄骨一部2階建 第ニ工場建設
<新設設備>
天井走行クレーン3t 1基
ジブクレーン 2基
50t熱処理炉 1基
49年11月
代表取締役 小笠原 一博 就任
56年12月
<新設設備>
空冷3tキューポラ入れ替え 1基
57年10月
塗装仕上工場建設
58年 6月
59年 3月
<新設設備>
壁掛式自走走行クレーン0.5t 2基
造型ライン及び砂回収再生装置 一式
年月 沿 革
平成元年 4月
木型倉庫購入(旧工場前)
  8月
事務所及び社員休憩室新築
生産管理及び財務処理のためコンピュータ導入
3年11月
長岡市原町に木型倉庫建設
4年 9月
資本金 1,000万円に増資
6年 2月
<新設設備>
高周波誘導炉(1,500kg 900kw 500Hz) 1基
7年 5月
長岡市原町に木型倉庫増設
9年 2月
長岡市西新町(旧工場隣接)に出荷工場購入
10年 5月
長岡市西新町(旧工場向い)に倉庫購入
12年 9月
代表取締役 小笠原 一貴 就任
15年12月
長岡市西新町(旧工場並び)に駐車場購入
17年10月
工場増設
19年 3月
長岡市東高見に土地及び建物取得
21年 5月
長岡市東高見に本社及び工場移設
24年 5月
工場内に製品ストックのためのテント倉庫新設
24年 9月
時代のニーズにより内製化を推進する大型ショットブラスト導入
27年 4月
長岡市東高見(工場隣接)に木型倉庫購入